menu

表現活動発表会

公開日:2017年12月26日 カテゴリー:ニュース

12月15日(金)、なら100年会館中ホールにて表現活動発表会を開催しました!

本学院では毎年、日ごろの表現の授業で練習した様々な演目をなら100年会館で発表しています。

発表は午前の部と午後の部に分かれています。

午前、午後ともにたくさんの幼稚園、保育園がご来場いただき会場はいっぱいになりました!

 

なら100年会館は、1回生が授業で作成した展示物を前日から飾りつけました。

 

1回生は劇遊び、創作演奏、2回生はオペレッタをメインに発表します。

そのほかにも、2回生選抜によるピアノ演奏、(音×音)部によるアンサンブル、和太鼓部による和太鼓の演目も発表しました。

 

ピアノ演奏

アンサンブル

和太鼓「天地」

 

1回生の劇遊びの演目は、「しらゆきひめ」と「ももたろう」でした。

 

「しらゆきひめ」

「ももたろう」

「しらゆきひめ」は7人の小人とともに白雪姫をたすけ、「ももたろう」は仲間になった犬、キジ、猿とともに鬼退治をするという内容でしたが、来場していた園児からは「がんばれ!!」という応援がたくさん聞こえ、会場が一体となり、最後はハッピーエンドで楽しい演目となりました!

 

1回生の創作演奏の演目は、「タイムマシーンにのって」「はる・なつ・あき・ふゆ」でした。

 

「タイムマシーンにのって」

「はる・なつ・あき・ふゆ」

力強い太鼓や楽器で演奏し、演目の世界観を見事に表現していました。

1回生は初めての発表会で、本番が近づくにつれて不安や焦りもありました。

練習時間が限られた中で演目ごとに集まって練習し、たくさん悩みましたが、本番では全員で力を合わせて発表できたことは大変良い経験になったと思います。

 

2回生がトリをつとめたオペレッタの演目は、「おたまじゃくしの101ちゃん」と「おまえうまそうだな」でした。

オペレッタの前には合唱も行いました!

 

合唱「花は咲く」

 

「おたまじゃくしの101ちゃん」

「おまえうまそうだな」

 

2回生にとって今回の発表会は、今まで学んできた集大成です。普段は賑やかで個性のあるクラスですが、オペレッタではみんなが演目の伝えたいことを共通意識をもって表現しなければなりません。

「おたまじゃくしの101ちゃん」、「おまえうまそうだな」両方ともに学生たちは何を伝えたいのだろう?と何度も演目の絵本を読み返して考えました。

特に両方の演目のリーダーは、全員の考えを統一にすることに奔走しました。

何度も台本を修正して完成した発表は、言葉で表さなくても何を伝えたいのかわかるもので、「おたまじゃくしの101ちゃん」と「おまえうまそうだな」では伝えたいことが全く違うエンディングとなりました。

全ての演目を終えた2回生は達成感でいっぱいでした!

 

2回生は就職が決まっている学生もたくさんいます。

残り少しの学院生活を充実したものにし、この経験を糧にはばたいていってもらいたいです!