menu

「学園花いっぱい運動」―「環境」の授業

公開日:2018年06月11日 カテゴリー:ニュース

「学園花いっぱい運動」の企画として毎年、花の植え替えを両回生共に参加しました。今年も一回生が「プランターの掃除及び土作り」を試みました。初めての土いじりをした学生、花を植えるのに、プランターを洗ったりすることも大切だと、気づいた学生、また(昨年使った土)を「ふるいにかけてしばらく寝かしておく」ことも学んだようです。その一週間後に二回生が今年度の花を植えました。今回学生からの要望で、ひまわり、コスモス、ハイビスカス?などの声が上がりました。2回生は昨年に続いてなので「先生」と「子ども」になり指導案を書き「模擬保育」を行いました。今年はポーチュウラカ・ジュニアプロフュージョンの花に変えてみました。花いっぱいできれいになった学園を見て下さい。