menu

修学旅行(1日目)

公開日:2017年11月27日 カテゴリー:平成29年度修学旅行, 行事

生徒たちには待ちに待ったであろう修学旅行の日だ。校長先生も駆けつけられ、スピーチを頂き、教員・添乗員・生徒の合わせて百名以上が意気揚々と搭乗口へ向かう。

2時間以上の機上の旅を経て、ついに石垣空港へ到着する。さてどんな旅の行方が待っているか。一人一人の生徒たちにとって楽しい旅にしてもらいたいのはもちろんだが、何より全員が無事に笑顔で奈良へ戻ることを祈るばかりである。

 

お昼ご飯のメニューに「沖縄そば」があった。本土の和そばとは異なり、味わいはラーメンに近いものだった。あらためて食文化の地域性を感じさせられた。会場は一階が土産物売場で二階がレストラン。食事を終えた生徒のうちの数名が一階までソフトクリームを食べに行っていたのが微笑ましかった。

 

川平でグラスボートに乗り込む。割りと大きめの魚が途中で現れると、生徒たちから大きなどよめきが起こる。エメラルドグリーンの海の世界ならではの体験であろう。途中でスコールのような激しい雨にも見舞われ、気象の変化の激しさも見せつけられることとなる。ホテルへ向かうバスのなかで、ガイドさんが沖縄民謡の楽器を奏でながら、「海の声」を歌ってくれた。「島歌」は若いひとがもう知らないのだという。こんなところにもジネレーションギャップを感じる今日この頃である。

予定通りホテルに到着です。奈良から約1500㎞の移動でしたがみんな元気です。

明日はマリンアクティビティや石垣の文化体験に出かけます。

 

!-- リマーケティング タグの Google コード -->