menu

校長ブログ NO.148(全日制 卒業式)

公開日:2020年02月25日 カテゴリー:ニュース

皆さま、こんにちは。今日は2月20日に挙行いたしました、第23回卒業式についてお話ししたいと思います。

新型コロナウィルスの拡大防止を頭に置きながら、今までにない異例のマスク着用の卒業式を挙行いたしました。卒業生、在校生、保護者の皆さまにも丁寧にお断りをしながら開式の辞から始めました。ただ、卒業証書授与の時だけ、卒業生にマスクを外し、登壇してもらいました。卒業生全員の表情がはっきりと確認でき、本当に良かったと思います。

式辞では北大路魯山人の「椿蜂」という作品を例にあげ、「座辺師友」(ざへんしゆう)という好きな言葉の意味をお話ししました。「周りにいる人すべてが師であり、友である。」という、人間にとってとても大切な教えだと思い、卒業生に伝えました。スマホ・AI・ロボットが更に普及してくる将来、人間味溢れる人になってほしいという一心でこの言葉を選びました。それに応えるかのように卒業生代表の池田さんが、立派な答辞を披露してくれました。恥ずかしながら、涙が止まりませんでした。

これからは、自分の信じた道を一歩ずつ歩んで欲しいと思います。結びに、これまで卒業生に温かいご指導を下さいました皆さまに感謝いたしますとともに、益々のご健勝をお祈り申し上げます。卒業生の皆さん、保護者の皆さま、関係者の皆さま、本当におめでとうございます。

!-- リマーケティング タグの Google コード -->