menu

特別進学コース

国公立大学・難関私立大学(関関同立・産近甲龍)
合格を目指すコース

  • 最適の進路を実現する教育課程と教員体制
  • 個人別学習到達度カルテできめ細やかな分析・指導
  • 信頼できる教師陣による徹底した個別指導

充実した授業と集中講座

志望校を見据えた授業展開。放課後は水曜日と土曜日以外、7時間目の特別講座で受験力を高めます。長期休暇中は集中講座や模擬試験、志望校にあった特別授業を通して志望校合格に向けて実力を伸ばします。


的確な進路指導

学力と学習習慣とのバランスを見ながら効果的な学指導により単なる高校生から受験生へ無理なく指導していきます。模擬試験を通して生徒個々の学力を分析し、受験校選定から志望校合格まで的確な進路指導を行います。


難関大学入試支援室との連携

特に国公立大学進学希望者には、合格指導のノウハウを持つ難関大学入試支援室により個別指導で強力にバックアップします。



卒業生の声

明確な目標と先生による個別授業が、合格の原動力

京都女子大学 文学部
土井 萌菜さん

Q.受験勉強で力を入れたことは?

A. 基礎が確立できていなかった古典と英語の勉強です。文章を読み、わからない単語が出てくるたびに調べて、覚えるようにしていました。また、先生に先生に個別授業をしてもらっていた英語は、私のために作ってくださった授業計画に沿って勉強を進めていきました。

Q.大学進学を選んだきっかけは?

A. 高3の夏に芽生えた「日本文学を学びたい」という想いです。過去問を通して面白さに気づいたことがきっかけでした。目標が明確になったことで、モチベーションがアップしました。また、最後までやり遂げ、志望大学に合格できたことで、自分に自信が持てるようになりました。


佛教大学 社会福祉学部
木本 祐衣さん

無理のない計画を立て、個別指導で学力アップ

Q.受験勉強のポイントは?

A. 計画の立て方です。集中力を維持するため、1教科を長時間続けるのではなく、短時間で区切って多くの強化を勉強しました。また、予定通り進まなかった時のために、必ず余白の時間も設けるようにしました。大学入学共通テスト対策は難関大学入試支援室を活用し、過去問や模試の解き直しに取り組みました。

Q. 高校3年間で成長したところは?

A. 体育祭や英語部の活動を通じて、協調性・精神力・人をまとめる力を身に付けられたことです。

Q. 大学で、高校での学びは役立っていますか?

A. 高校時代に英語は授業と個別指導でレベルアップに励んだので、大学生になった今は復習感覚で取り組めています。


コース主任の声

特別進学コース主任                      水野 亮

「大学に行きたい」という思いがあるのに、「どうすればいいか分からない」「自分なんて…」と立ち止まっている人はいませんか?本コースはそういう気持ちに寄り添い、「やればできる」という自信が得られる授業と、最後まで諦めさせない指導で支えることをモットーとしています。2021年度からは意欲を高めてくれる大学の出前授業をスタート。不安や疑問を解消できるよう個人面談もより充実させます。今は明確な目標がなくても、探究学習を通じて、未来につながる発見があるはずです。受験で打ち勝つ力ともなる人間形成を大切にしながら、「自分を変えたい」というあなたを応援します。

 


!-- リマーケティング タグの Google コード -->