menu

月組担任からのご挨拶

公開日:2020年12月25日 カテゴリー:幼稚園生活

月組担任からのご挨拶 2020.12.28

新しい環境での期待と不安の中始まった月組での生活ですが、今ではすっかり、大好きな友達と過ごす喜びを感じながら、伸び伸びと遊ぶ姿が見られます。

運動会や思い出保育、作品展やクリスマス会などいろいろな行事を通して、みんなで協力してひとつのことを作り上げる経験を重ねていき、少しずつ自信を持って生活を送る姿が見られ、この頃はお兄さんお姉さんの顔になってきたなぁと感じます。

普段の生活の中でも、友達との関わりが増え、お誕生日会の日には、友達の良いところに気付いて伝えることができるようになりました。

はじめの頃は、クラス全員で話をする時、みんなの前では恥ずかしくて話せない子もいましたが、少しずつ意見を伝えてくれるようになり感激しました。

感染症予防の為、「みんな~、マスクつけて~」など友達同士で声を掛け合って、新しい習慣を身に付けていく姿もみられました。

2学期の間に、逆上がりや縄跳びなど初めてできた時の嬉しそうな顔、勝負で負けた時のくやし涙、困っている友達に優しく声をかける姿、子ども達はいろいろな表情を見せてくれました。時には、友達同士意見のぶつかり合いもありましたが、その都度友達と気持ちを伝え合い、どうしたらいいのか考えました。心も体もたくさんの成長を感じ嬉しく思います。

 

2学期の楽しい思い出を少し紹介します

<シャボン玉遊び>

園庭いっぱいにシャボン玉が広がり、子ども達は「たのし~い!」と大喜びでした。

 

<茶道教室>

茶筅でお茶をたてていただきました。

「きなこねじりをたべたあと、まっちゃをのんだから、あまみがひろがって、あまさがなくなった。」

という感想を言ってくれた子がいました。素晴らしいです

 

<英語教室>

「santa’s on his way」の曲に合わせて体を動かします。フェーガン先生の英語での言葉掛けにも、子ども達はすぐに反応します

 

<ツリー飾り>

園のツリーに、飾りを1人1つずつ、つけていきました。

抱っこして一番上の星をつけてくれています

 

 

<体育教室>

2人組になって、眞田先生の合図で、おしりの押し合いを楽しんでいます。

 

 

<チューリップの球根植え>

「何色のチューリップが咲くかなぁ。チューリップが咲く頃には、みんな小学校だね。」と声をかけると、

子ども達は、それぞれなにかを感じ考えてる様子でした

3学期は就学を楽しみに、残りの園生活を楽しく大切に過ごしていきたいと思います。

 

保護者の皆様のご理解とご協力のおかげで、2学期も無事に終える事が出来ました事を心よりお礼申し上げます。