menu

校長挨拶

     校長 石原 勉

ごあいさつ

 

奈良女子高等学校のホームページをご覧いただきありがとうございます

 

本校の源流は、明治26(1893)年に越智宣哲(おちせんてつ)が光蓮寺に開いた漢学塾「正気(せいき)書院」にあります。明治維新後の新しい時代を背負う人材を幅広く育てたいとの願いから創設され、「敬身、敬学、敬事」の三敬銘を建学の精神としています。

さて、これからの社会は、正解のない、変化の激しい社会となっていきます。こうした未来社会において、身に付けた資質や能力を使って、心豊かに生き、より良い社会を創造する女性になってほしいと願っています。本校では、そのための「新たな学び」へ方向転換を図る『次世代教育探究プロジェクト』を昨秋から立ち上げ、教職員が一体となって研修・実践研究に取り組んでいるところです。

【奈良女子高等学校×iPad×ICT】

このプロジェクトで大きく進んだのが学校教育のICT化です。1人1台のiPadが使えるように校内にWi-Fi環境を整備するとともに、教室には電子黒板機能付きプロジェクター等を整備しました。その結果、授業の風景が大きく変わりつつあります。また、ICT教材により生徒一人ひとりのレベルに合わせた『個別最適化学習』も充実してきました。

【奈良女子高等学校×探究活動×マイプロジェクト】

こうした学習環境の整備だけでなく、未来社会で輝いて生きていくためには、どのような力が必要なのかを考えました。それは、社会人基礎力と呼ばれている力で

☆ 一歩前に踏み出し、失敗しても粘り強く取り組む力

☆ 疑問を持ち、考えん抜く力

☆ 多様な人々とともに、目標に向けて協力する力

の3つです。こうした力を本校各コースの探究活動を通して育て、『マイプロジェクト』(実践型探究学習プログラム)と連携して、より深い学びにつなげていきたいと思います。

建学の精神を引き継ぎ、「本当にやりたいことが見つかる学校」「大切なことを経験を通して学べる学校」となるための私たちの挑戦は続きます。本校の取組に共感していただく皆さんとの出会いを楽しみにしています。

!-- リマーケティング タグの Google コード -->